Just do it !

よく考えたあとは、やってみよう、うごいてみよう。迷うなら飛んでみよう。できると思うなら、そのまま進むほうがいい。きっと次の目的地が見えてくる。


早稲田から地方国立大へ転校する時代

早稲田より地方国立大を選ぶ時代

早稲田大学へ入学したのに、一年後、仮面浪人の末、横浜国大へ転校する学生がいるという。

早稲田はご承知の通り、私立大学では慶応大学と並び、合格することが難しい大学だが、やめて一年遅れた上で、横浜国立大学へ進学するという。

その学生が通うのは理系学部。文系学部よりも学費がかなりかかる。

国立大学なら四年間で学費は約200万円。文系も理系も同じだ。

早稲田大学の理系学部の場合、年間170万円かかるので、四年間の学費は約700万円となる。

国立大学なら国産車一台分で済むが、私大理系であれば、ポルシェのボクスターくらいのお値段となる。

無理して700万円するポルシェに乗らなくても、200万円で買えるスズキの四駆ジムニーで良いというのは、合理的な考え方だ。

ポルシェのほうがステイタスが高そうだが、スズキのジムニーだって悪くない。

以前のように有名大学を卒業したからといって、官僚や医者にならない限り、約束された将来があるわけでもない。

biz-journal.jp

医学部は学費の安いところほど入学が難しい

すでに医学部では、学費の安いところほど偏差値が高くなっている。

慶応大学医学部は、昔から私大医学部の中では破格に安かった。

これに追随したのが順天堂大学。

学費を下げて、一気に偏差値が上昇した。

学費を下げれば経営は苦しくなると思うが、学生の負担を減らして優秀な生徒を確保できるのであれば、悪い方法ではないと思う。

dot.asahi.com

人はどこかで他者との優劣をはかろうとするから、身分制度のない時代、学歴で人を推し量ったり、大学間における序列意識というものはなくなりにくいと思う。

でも、身分制度があった時代には、生まれつきの身分で、その人の人生が決定されていたのだから、それに比べれば今の時代のほうがマシだろう。

でも、ここにきてその現代版の身分制度もまた、生まれつきの家庭の経済事情で決まる時代になりつつある。

平成から令和になって、これからの時代がどう変わっていくのか、とても気になる。

www.arisugawago.com

www.arisugawago.com

www.arisugawago.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
にほんブログ村