Just do it !

よく考えたあとは、やってみよう、うごいてみよう。迷うなら飛んでみよう。できると思うなら、そのまま進むほうがいい。きっと次の目的地が見えてくる。


パパ・ブッシュとアメックス・プラチナカード 広報の時代

パパ・ブッシュとブロッコリー

アメリカのブッシュファミリーは、親子で大統領を輩出した政治一家として有名です。

先日お父さんの、パパ・ブッシュ元大統領がなくなられたとき、テレビ番組で生前のブロッコリーに関するエピソードが放送されていました。

なんでもこどもの頃からパパ・ブッシュはブロッコリーが嫌いだったそうです。

それをなにかの機会に演説の中で触れたところ、アメリカのブロッコリー協会が、ホワイトハウスにブロッコリーを進呈したということでした。

その時思い出したのが、アメックスプラチナカードが、アメリカで発行され始めたときのエピソード。

日本では、ゴールドカードが、いまのプラチナカード以上のステータスを、持っていた時代の話です。

当時私は社員でしたが、まだ見たこともなく、社内でも伝説めいた、いまのブラック・センチュリオンカードのような位置づけでした。

パパ・ブッシュとアメックス・プラチナカード

やはりどこかの式典会場での出来事でした。

ある男の子が、パパ・ブッシュ大統領の隣りに座っています。

その男の子が、近くの大人に「隣りに座っているのは大統領だよ」と告げられて、

「おじさん本当に大統領なの?」とたずねます。

するとブッシュ大統領は、ポケットから、アメリカン・エキスプレスのプラチナカードを取り出して、男の子に見せます。

「ほら、ここに名前が書いてあるよ」と。

そしてプラチナカードにズームイン。

これがメディアで拡散されました。 

パパ・ブッシュは大統領になる前、CIA長官を務めたことがあります。

CIA長官であっただけに、さすがにメディアの使い方が上手いと、感心したことを覚えています。

メディアの使い方

最近のところでは、ミッション・インポシブルで、トム・クルーズが乗るクルマやバイクがBMWであったり、歴代の007の愛車ボンドカーがジャガーであったり。

スポンサーとの関係性がはっきりとよくわかる、このようなタイアップはよくあります。見ている側も、それがわかっていても、良いものは良いと感じます。

しかし、より巧妙なのはタイアップではない、しかし結果的にPRとなる手法。その先駆けがブッシュ大統領のアメックスカードのチラ見せです。

さすが元CIA長官です。センスがあります。

広報

「広告」よりも「広報」の方が、対費用効果が高い、ということは昔から言われてきました。

「広告」は、企業が制作して、宣伝枠を購入して、掲載するのに対して、「広報」は、情報として、新聞や雑誌の記者やライターが書いた記事、によって拡散されます。

検索エンジンを使用するとき、たいていの人は、広告のリンクを避けて開きます。

でも、ブロガーの記事については、そのまま中を覗いていきます。

信頼性はさておき、情報の一つとして、宣伝とは考えず、構えず、素直に個人の意見や体験として、読まれる傾向があります。

ウェブという新しい媒体は、広報=パブリックリレーションを主体とする、新しいコミュニケーションチャネルとして、発展してきました。

SNSが普及すると、いわゆる口コミが、それに拍車をかけました。

アフィリエイトと広報

アフィリエイトは、広告と広報の間をすり抜ける、 微妙な立ち位置です。

新聞や雑誌の記者は、掲載される広告を意識することなく記事を書きます。広告の位置を記者が意識することはまずありません。

テレビの場合には、スポンサーが絶対です。番組制作者は常にスポンサーの意向を気にして番組を制作します。

アフィリエイトは広告です。

アフィリエイターは、広告リンクをクリックしてもらえるように記事を作成します。売るための文章なので、いわゆるコピーライティングです。

ブロガーはアフィリエイターと重なる部分は多いですが、いまのところ、まだその役割は、よく見えません。広告を意識して書く人もいれば、まったく意識せずに書く人もいるでしょう。

インフルエンサー

パパ・ブッシュは、元祖インフルエンサーと言えます。

インスタグラムのない時代にメディアを使って、さりげなくアメックスのPRに手を貸す。

アメリカ合衆国大統領ですから、最強のインフルエンサーです。

インスタグラムが企業に好まれるのも、美しい写真を、切り取り、貼り付けて、自然な形で拡散しやすいからでしょう。

余計な言葉を入れずに、自然な形で自社ブランドを、普段使いしている姿を、そのまま著名人が、自分の素直な気持ちとして伝えることは、広告に換算すると、相当のバリューに値します。

社内広報資料として、パパ・ブッシュがプラチナカードを男の子に見せるシーンを目にしてからはや二十数年。

マーケティングの世界はますます複雑になり、より洗練された企業の広報・コミュニケーションが必要とされる時代になっています。

www.arisugawago.com

アメリカン・エキスプレス―金融サービス王国への戦略

アメリカン・エキスプレス―金融サービス王国への戦略

 

genice.net