Just do it !

The world of Go Arisugawa.


飲み会・忘年会を開くなら、港区麻布十番のチェーン店のコスパがよいのでおすすめです。ラ・ボエームでドンペリを飲んでしまった。

 

麻布十番で飲み会・忘年会は穴場です

先週末、忘年会を開きました。当初池袋で開催予定でしたが、池袋に近い参加者が来られなくなったので、他の参加者が来やすい麻布十番に変更しました。

麻布十番には高級なイメージが有り、どのお店も客単価は高めです。

麻布十番で忘年会だなんて、セレブの集まり?

なんて誤解を受けそうですが、仲の良い同級生が集まるただの忘年会。

特になにも考えずに、居酒屋、エスニック料理店などを選ぶと、池袋などと比べて、二次会も開催できるくらいの費用がかかります。

ふつう麻布十番で忘年会を開くなら、小洒落たお店で、となるのかもしれませんが、そこはおじさんおばさんの集まる忘年会。

とくに高級なところを希望する向きもなく、むしろ「高いんじゃないの?、うちは大学生が二人いて学費が大変だから、遠くても安い池袋でいいんだけれど」というコスト意識の高い人たちの忘年会

麻布十番の鳥貴族はサントリー知多ハイボールが298円

チェーン店なら、どのお店もたいていお値段は一緒。焼き鳥の値段には、家賃が含まれていますから、都心の店舗は、家賃分だけ値段をあげないと採算が合わないはず。でも地域全体で採算を合わせているからでしょう。何を頼んでも一つ298円。

298円で、生ビールを何杯か頂いたあとに、サントリー知多のハイボールを何杯かおかわり。

広尾にも鳥貴族はあるのですが、もっぱら麻布十番に集います。麻布十番東京メトロ南北線都営地下鉄大江戸線が交差するところ。交通の便もいいのです。

治安の良い麻布十番

治安が良いのもメリットです。

新宿、池袋、渋谷によくいる客引きや、酔ってからんでくるような人がいません。鳥貴族で飲んでいる人たちは、麻布十番でも特にコスパ意識の高い人達です。暴れるような人はいません。

ラ・ボエームドン・ペリニヨン・フェスティバル

二次会は、そのまま近くのカフェ・ラ・ボエーム。中心部のパティオにあるちょっとした広場に面したお店です。

ここもチェーン店。ロケーションが良く、お値段も麻布十番にしては控えめです。

六本木ヒルズけやき坂のクリスマスイルミネーションは、彩り鮮やかでとてもきれいですが、パティオの照明は、パリの街外れをイメージさせて、とてもシック。そんなパティオに面したボックス席で、スパークリングワインを、ぽん!と開ける。

なんでも、ドン・ペリニヨン・フェスティバルをしているそうで、ラ・ボエームおすすめの飲み物が、ドン・ペリニヨン。ボトルが1万6800円。

f:id:arisugawag:20181212150418j:image

自分で払ったことがないので詳しくは知りませんが、銀座のお店だと10万円するとかしないとか。しゅわしゅわの泡がシルクのようになめらかで、さすがドンペリ

麻布十番のチェーン店は、コスパ最高で、ホントにおすすめです。

麻布の生活

麻布の生活

 
 

 

arisugawag.hatenablog.com

www.amazon.co.jp

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村