Just do it !

よく考えたあとは、やってみよう、うごいてみよう。迷うなら飛んでみよう。できると思うなら、そのまま進むほうがいい。きっと次の目的地が見えてくる。


マンションの売り時はいつか?

マンションの売り時はいつか。見極めるのは難しいものです。

これから人口が減っていく中で、家を買う必要はない、という意見があります。

これは一般論としては、そのとおりだと私も思うのですが、人によって状況は違うので、誰にでも当てはまるかと言えばそれもまた違います。

例えば、年をとってから、部屋を借りようと思っても、貸してもらえないという現実があります。

仕事のない、八十代のひとりぐらしの人に、貸してくれる大家さんは、なかなかいません。

一方で、家賃補助の出る会社に勤めている人であれば、今は借りたほうがお得でしょう。特に、都心に住むのであれば、今のようなマンションの値段が高騰しているときは、借りて住むほうが得に決まっています。

しかし、定年を迎え会社をやめることになる。そんな人は、家も借りにくくなりますから、多少高くても買っておいたほうが良いかもしれません。

しかし、その場合には、どこに、どのような家を買うのか、ということが、検討するポイントになります。

このように人によって状況は違いますが、判断のもととなる、一般論については、一応知っておいたほうが良いでしょう。多くの人がその判断を基準にして動くからです。

下記は日刊ゲンダイのウェブ版で流している、住宅ジャーナリストの榊淳司さんのインタビュー動画ですが、このシリーズは、一般論を大変わかりやすく解説しているので、とても参考になります。おすすめです。


今 マンションは売り時か?住宅ジャーナリスト榊淳司氏が大暴露⑧

さあ家を買おう: 都心の家と郊外の家 どちらを買う?

さあ家を買おう: 都心の家と郊外の家 どちらを買う?

 

arisugawag.hatenablog.com