Just do it !

よく考えたあとは、やってみよう、うごいてみよう。迷うなら飛んでみよう。できると思うなら、そのまま進むほうがいい。きっと次の目的地が見えてくる。


東海道五十三次18日間ひとり歩き Day11 浜松ー舞阪ー新居ー白須賀ー二川ー吉田(豊橋) 42k

東海道五十三次 十一日目

 浜松ー舞阪ー新居ー白須賀ー二川ー吉田(豊橋) 

 歩行距離 四十二キロ

 一日の歩数 五万九千五百四十歩

youtu.be

早朝浜松出発

   ペースの作り方のコツが分かってきた。今日は四十キロあるので、早めにホテルを出る。朝六時前。すると涼しいうちに距離を稼げる。十一時を過ぎるともう暑い。でもすでに半分以上進んでいる。あとは足と相談しながら、ゆっくりと前に進む。

   昨晩、浜松駅上のロフトで、靴の中に貼る、踵用のクッションを買った。効果があるような気がする。少し柔らかくなった。

f:id:arisugawag:20180928232821j:image

舞阪から浜名湖

   浜松の宿から舞阪の宿まで、すぐに着くつもりでいたが、二時間以上かかる。

f:id:arisugawag:20180928232850j:image

    そして、そこから先は浜名湖。平日の朝九時に浜名湖を歩いて渡る人は、私くらい。天気は快晴。でもまだ暑くない。湖面を渡る風が心地よい。

f:id:arisugawag:20180928232947j:image 

新居関

   対岸に渡ると、そこが新居(あらい)の関。かつては船で渡ったというが、今は歩いて渡る。この先まだまだ長いので、外から見るだけで素通りする。

f:id:arisugawag:20180928233016j:image

   新居の関から南に少し下り、右に折れると、その後、延々と一時間半炎天下を歩く。松並木が時々あるのだが、車道にその影を落としても、歩道にその影はない。まるで意味がない。歩く人は私だけで、車しか通らないのでそれで良い、のかもしれないが。

f:id:arisugawag:20180928233051j:image

    今は海岸線が遠く数百メートル南に下がり、海沿いに東名高速が走っているが、往時は崖の下、旧東海道の街道沿いに波打ち際があったはずだ。

    海と旧東海道の間には、今でも野原が広がっている。人もあまり住んでいないようだ。海面から数メートルだけ高くなった旧東海道沿いに家が並ぶだけだ。 

潮見坂

f:id:arisugawag:20180928234319j:image

    自動販売機が一台もなく、渇きに耐え、いい加減うんざりして、蜃気楼でも見そうになってきた頃、右折を示す標識が見えた。潮見坂だ。

f:id:arisugawag:20180928233249j:image

    京都から来ると、潮見坂で初めて富士山と遠州灘が見渡せたそうだ。武田勝頼との戦いの後の信長を、家康がここに茶亭を建てて、もてなしたという。

f:id:arisugawag:20180928233315j:image 

おんやど白須賀

    潮見坂を上ると、体験施設「おんやど白須賀」がある。潮見坂にまつわる話の展示、東海道中膝栗毛の弥次喜多道中の再現ドラマなどがあり、想像以上に楽しめる。小さな建物だけれども、無料だし、トイレもあるし、休憩も出来る。

f:id:arisugawag:20180928234350j:image

    「おんやど白須賀」の少し先に、白須賀の宿があった。しかし、もともとは海岸沿いにあったらしい。江戸の時代に津波で流されてしまった後、坂の上に引っ越したそうだ。潮見坂の上には、今でも大きな住宅地が広がっている。

f:id:arisugawag:20180928233543j:image

単調な愛知県 

  潮見坂を上ると、すぐに愛知県に入る。ようやく静岡県が終わった。

f:id:arisugawag:20180928233622j:image

   愛知県に入ると、道路での表示が最小限になり、パネルを読んで楽しむ、ということができない。旧東海道を歩いていても、静岡県内にあった、旧東海道はこちら、と案内する看板がない。手元に資料が無いと、完全に道を見失う。

f:id:arisugawag:20180928233706j:image

    ただ、白須賀の宿と二川の宿の間は、夜道に気をつけろと江戸の頃から注意喚起がされているくらい、人のいなかったところだそうなので、本当に何も書けることがなかった、のかもしれない。

二川宿

f:id:arisugawag:20180928234424j:image

    にもかかわらず、二川の宿は立派な作りだった。トイレも数カ所あり、宿の中には公園もあり、旅人をもてなそう、という気持ちが伝わってきた。ベンチもあった。

    しかし、宿を離れるとまた、何もなし。ベンチもない。標識もない。ここは旧東海道なのか。一本道だから間違えようがないだろう、と言われれば、そうかもしれないが、突然小道に入ることもよくある。

    例えば、急に潮見坂に曲がるときのように。だれが見てもこちらに曲がると、わかる表示が無い。カーナビ付きの車で来る人しか想定にないのか。そもそも旧東海道歩きは、関東の人の遊びで、名古屋から西は関心ないということなのか。この答えは明日からの楽しみにとっておく。

豊橋

f:id:arisugawag:20180928233806j:imagef:id:arisugawag:20180928234542j:image

    蛇足だが、夕方の豊橋駅では、多数の歩く人を見た。ここには東京と変わらない通勤風景があった。

f:id:arisugawag:20180928233906p:image

東海道五十三次 十八日間 ひとり歩き: ロングトレイル 600キロ

東海道五十三次 十八日間 ひとり歩き: ロングトレイル 600キロ

 

genice.net

genice.net

www.amazon.co.jp

genice.net にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
にほんブログ村